絶叫の楽園、富士急ハイランド

  • 絶叫の楽園、富士急ハイランド

    • 富士急ハイランドは山梨県に位置するテーマパークで、なんといっても数々の絶叫マシンとハイクオリティなお化け屋敷が見どころです。

      魅力の高いなばなの里が今、話題になっています。

      ですので、絶叫系やホラー系が苦手な方は少し敬遠されるかもしれませんが、あまり落差のない絶叫系や頭を使って脱出するアトラクションなど、別の形でスリルを楽しめるアトラクションがより取り見取りです。


      特に、脱出ゲームは相当に頭を使うと専らの評判です。
      富士急は前述のとおり、絶叫系アトラクションの宝庫です。

      足を自由にして体を吊り下げられたような恰好のまま高速で走るええじゃないか、落差はそれほどでも無いものの水しぶきが幕のように上がり頭からつま先までずぶ濡れになるナガシマスカ、一気に急加速するドドンパ、などのジェットコースターの種類には目を見張るものがあります。

      浜松でデート関連情報を紹介しています。

      そのどれもがシャレとエンターテインメントを詰め込み、どこか安易でチープながらも分かりやすいキャラクター付けでテーマパークとは一線を画す、雑然とした一体感を感じることができます。

      ディズニーツアーはこちらのサイトで情報公開中です。

      他にも回転型絶叫アトラクションであるテンテコマイが出来たりと、絶叫系の充実は留まるところを知りません。

      浜松でデートの人気度が上昇しています。

      また、本気のお化け屋敷はこれだ、と宣言するような息もつかせぬ仕掛けの連続とアクターさんたちの迫真の演技によって未知の恐怖を体験できる病院をテーマにしたお化け屋敷もあります。数人のグループになって廃病院内を探検する、という設定なのですが、虚を突く、死角から飛び出すは当たり前、アクターさんが何もしてこない、という場合もあり、不気味さを感じながら感触の違う床を歩き、時に照明の色が変わり、と目まぐるしく情報が飛び込んで来るため、一切の予断なく叫び続けることもしばしば、リタイア続出の噂の真偽も分かるというものです。他にも、遊園地らしくキッズ向けのアトラクションも充実しています。

      コーヒーカップや比較的緩やかな速度で回転する椅子のアトラクション、定番の観覧車など、家族連れで来場しても家族みんなで楽しめるアトラクションやパビリオンが多数用意されています。時期によっては壁面に映像を投射するプロジェクトマッピングを行っていたり、オリジナルヒーローであるハイランダーのショーが開催されていたりとアトラクション以外にも楽しみがあります。
      富士急へのアクセスは東京近郊から直通の高速バスが出ているのでそれを利用すれば一足飛びに移動できます。

      スノボーのツアーの最新情報ならこちらを参考にしてください。

      富士急行など電車を利用する場合でも1時間ほどで東京から移動できるため、休みの日に日帰りで行ってみる、というのも首都圏の方にとっては可能かもしれません。

      http://top.tsite.jp/news/travel/o/23964674/

      またホテルも富士急ハイランドの目の前にあるため、ゆっくりと遊園地を満喫したい方でも安心です。

      絶叫学割、なる割引プランや会員制度による特典など、利用しやすいプランが用意されているので公式サイトをまずは確認してみることが先決です。

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1876262.html

      絶叫系がお好きな方や、雑然とした非日常に飛び込みたい方は足を運んでみる価値があります。

      http://matome.naver.jp/odai/2146794573100371301/2146794727402282303

  • 関連リンク

    • 富士急ハイランドは、都内からも気軽に行けるレジャースポットとして根強い人気があります。所要時間は、新宿から車で1時間20分ほどですので、日帰りで行くにはちょうどよい距離感のスポットです。...

    • 富士急といえば、真っ先に頭に浮かぶのは富士急ハイランドです。今回は、絶叫系のアトラクションで有名なこの施設の楽しみ方を紹介します。...